ゴールデンウィークの由来


「ゴールデンウィーク」の名称は、映画会社の大映が松竹と競作して1951年(昭和26年)に同時上映となった獅子文六原作の『自由学校』が大映創設以来(当時)最高の売上を記録し、正月映画やお盆映画以上の興行成績を残したことで、映画界でこの時期に多数の動員を生み出すことや活性化を目的として当時の大映常務取締役であった松山英夫によって作成された宣伝用語であり、1952年(昭和27年) – 1953年(昭和28年)頃から一般にも使用されるようになり、他の業界にも広まった。wikipediaより

ということで、アイアンマン3を見てきた。

相変わらず、爽快感ばっちりの映画です。内容はネタばれになるので控えますが、

遠足は家に帰るまでが遠足なように、映画もエンドロールが終わるまで映画です。

p.s.
よく見たら書いてあった

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です